読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ週刊ラノベ時評「ラノベハスラー」

毎週サイコロを振って、ランダムに選んだ新刊ラノベを評論するラジオをやってる者達です。

放送後記「四億円当てた勇者ロトと俺は友達になってる (角川スニーカー文庫) 」


Streaming by Ustreamwww.ustream.tv

 

 人が物語を読むとき、「面白さ」を求めるのか、「楽しさ」を求めるのか。

 

 かわいい、かっこいい、えろい、ほっこりする、癒される、スカッとする。

 「楽しさ」は感覚的なものなので説明しにくい。

 中学生のとき「ラブひな」が大好きだったんですけど、楽しさをうまく説明できなくて、歯がゆかった記憶があります。

 感動的なストーリーが欲しくない気分の時もあるんですよ。感動するのって疲れますからね。

 

 

 横組の表紙。帯も横組仕様になってるのが良い感じですね。

 

ラノベハスラーのルール

毎週サイコロを転がして評論するラノベを決めている訳ですが、何でもかんでもラインナップに入れている訳ではないのです。

 

ルールは大体こんな感じ。

 

1.発売から一ヶ月以内のタイトルであること

2.新シリーズの1巻、または読み切り作品であること

3.イロモノを入れること

 

1.発売から一ヶ月以内のタイトルであること

 この企画の一番の趣旨は「新作を読みたい」なので、新作のみを扱っています。賽の目枠にも限りがあるので、どんどん入れ替えていった方がギャンブル性があって楽しいですよね。

 

2.新シリーズの1巻、または読み切り作品であること

 放送日までの一週間、対象作を読み込んでいく訳ですが、7日間では長いシリーズの既刊すべてを読み込むのは難しい。なにより、評価がある程度固まった作品よりも、どんな作風か予想できない、まだ見ぬ強敵と戦いたい……!

 

3.イロモノを入れること

 書店の中で、無意識に避けている本棚ってありますよね。ラノベというジャンルの中でさえ、ティーンズラブとか、なろうの書籍化とか、ボカロ小説とか、自分からは進んで手に取らない作品があったりします。サイコロの6枠をイロモノ枠と定めて、必ず突飛なジャンルのラノベを入れるようにしています。

 

何をもってラノベとするかについてですが、定義論とかよくわかんないので、「ラノベの杜」さんの発売カレンダに載っているものはすべてラノベと呼ぶことにしています。ていうかこのサイトから毎週選んでます。便利ですよ。

 

同人誌「ラノベハスラー血風録」

コミックマーケット89で頒布した同人誌がCOMIC ZINで通販できるようになったんですよ。

 

f:id:ranobehustler:20160306001829p:plain

 

COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 ラノベハスラー血風録

 

「純情欲望スイートマニュアル 処女と野獣の社内恋愛」 

「WEB小説家になろうよ。」

ウォーロック・プリンセス 戦争殺しの姫君と六人の家臣たち」

「美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星」

「世界で2番目におもしろいライトノベル。」

 

 の4回を文字起こし・再編集して収録してますよ。

 さらに書籍版だけの録り下ろし特別編として、「冴えない彼女の育てかた」の9巻を評論しております。